読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年2月クアラルンプール旅行6  飛行機が欠航した時にppは・・・

 さて、前回はまさかのANAのクアラルンプール発成田行きがエンジントラブルで引き返すというハプニングに。

しばしエアポートホテルでチェックインして待て、というANA側からの指示があり、振替便や代替便がすぐには用意されなさそうな雰囲気に。

で僕は当然明日から仕事。。。ピンチです、なんとか本日中に関西に帰らないと。

 

lifeistravel.hatenablog.com

 

もうこうなったらANAの案内を待っている時間はありません、自分で帰国便を探さないと。時刻は11時過ぎ。

 

そんな時はやっぱりSKY scannar

 

 

 日付と区間を入れるとエアライン公式サイトから旅行会社まで航空券を一括検索してくれる優れたサイト。

 

f:id:LifeisTravel:20160430234331p:plain

 

格安航空券を探す、っていうよりかは、電車の乗換案内的な感覚で使えるので普段から旅行の予定を立てるときに重宝していますが、こんな緊急事態の時でも役立ちました。

 

当然スマホのアプリでもあるので、検索すると本日中に関西に帰れるのは

 

  • シンガポール航空 12:00 発- 21:30 着  シンガポール乗り換え 8万円
  • エアアジア    15:00 発- 22:00着   直行便        2万円

 

わずかこの2フライトのみ。

 

お、シンガポール航空でええやん。当日購入なのでエコノミーで片道8万もしますが、その分ブッキングクラスはYとかBになるのでマイルもppもざくざく貯まります。それに航空券代金はANAが負担してくれるはずです。

 

ただ時刻はすでに11時過ぎ、急いでシンガポール航空のカウンターに行くと、KUL-SINはフライトが30分遅れるけど、シンガポールのチャンギ空港での乗り換え大丈夫か?ターミナルも別だけど。っていうアドバイス。乗り換え時間はもともと55分しかありません。

ってことは乗り換え時間はわずか25分。もちろんサービスいいことで有名なシンガポール航空ですからきちんと乗り換え手配してくれると思いますが、万が一乗り遅れたら異国の地で一人、詰む詰むです。

 

ここは泣く泣く諦め、確実に日本に帰れるエアアジアを選択することに。

LCCなんて乗りたくないけどしかたありません。

 

エアポートホテルのロビーにはANAの客が溢れていて、係員が乗客名簿片手に必死で対応しています。とりあえずエアポートホテルのレストランの昼飯ビュッフェでも食べてください、みたいなアナウンス。

 

いやいやそんな悠長なこというてられませんがな。日本人のANAの係員に、どうしても今日中に帰りたいので15時のエアアジア便で帰りたいんですけど、っていったらあっさりOK。

自分で航空券購入して、あとで領収書送ったらエアアジアの航空券払うよ、とのこと。

ここでANA便で帰っていたらもらえるはずのマイルやppの話をしとくべきでした。

 

エアアジアは別ターミナルのKAL2なのでエアポートエクスプレスで移動し、航空券を購入。

で、LCCなので毛布もなし、機内食もなし、水すらなし(すべて有料)、でしたが特にトラブルなく22時過ぎに関空に到着し、無事翌日から何事もなかったかのように職場に戻ることができました。めでたしめでたし。

 

 

さて、帰ってからANAにエアアジアの航空券代の建て替えと、マイルppはもらえるかの話をするために電話すると、エアアジアの航空券代は振り込むけど、マイルppはANA便に乗っていないので付与できないとのこと。

え、、、マジかよ。

でも、マイルとppのためにわざわざANA便予約してたのに、ってことを伝えて交渉すると最終的にマイルもppも付与してくれることに。

 

基本的にはマイルやppはどのエアラインでも実際にその区間を搭乗しないと付与しない規則になっていると思います。ただ、今回付与されたのは多分エンジントラブルっていうANAに全面的に非がある理由での欠航だったため特別対応になっただけで、悪天候とかで欠航になって別便で帰った場合は付与されなかったのかもしれません。

 

帰国してから欠航なった場合はマイルやppは付与されるかどうかをググッて体験談を読むと、現地で代替便の手配される時にきちんとその場で係員にマイル、ppが付与されるかどうかを確認し、付与すると言うなら一筆書いてもらったりするといいそうです。もちろん付与されない場合もあるだとか。マイルを付与する付与しないは欠航の理由や状況にも寄ると思います。

 

いやーたった3日のクアラルンプール旅行、最後は予想外のトラブルで精神的にも肉体的にも疲れましたが、また1つ勉強になりました。

 

飛行機が欠航になり、どうしても今日中に帰りたい、って時は

 

  • 自分で帰国便を探す
    ビジネスクラスでもない限り搭乗客2-300人の内の1人です、自分で帰国便を探さないと誰もあなたのために探してくれません。skyscannarが便利。

  • 自分から係員にこのフライトで帰りたい旨を伝える
    係員は100人以上の搭乗客への対応に大忙しです、自分からさっさと申し出ましょう。

  • 航空券代、マイル、ppがどうなるか現地で確認する
    自分でフライトを探して航空券を購入してもANAは負担してくれません。電話でも、本来はANAが建て替える、てことはやってない、現地の係員が建て替えるって言ったかどうか確認されましたので、現地の係員次第だと思います。
    マイルやppも同様で現地の係員次第、きちんと言質をとりましょう。

 

おしまい。

 

2016年2月クアラルンプール旅行5 まさかのANA欠航 - Life is Travel

2016年2月クアラルンプール旅行4 クアラルンプール街ぶらと一人飯 - Life is Travel

2016年2月クアラルンプール旅行3 アロフト・クアラルンプール - Life is Travel

2016年2月クアラルンプール旅行2 沖縄経由でクアラルンプール!! - Life is Travel

2016年2月クアラルンプール旅行 計画編1 ハーフOKA-KLAとアロフトクアラルンプール - Life is Travel

 

 

スポンサーリンク