読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイラー&ホテル上級会員のための英語教室

 普段、欧米系のホテルのキャンペーンをチェックしたり、海外航空会社の特典航空券を発券したり、一人旅行していると、否応なしに覚えてしまう旅行関連の英語。

 

ただ普通の旅行英語は市販の本などに任せるとして、皆様のようなマイルやホテル上級会員の特典などを生かして、旅行を最大限におトクに楽しんでいる方に必須?の英語をピックアップしてみました。

 

 

初級

まずは簡単なのから

 

C・・・ビジネスクラスの略。エコノミーはY、ファーストはF。なぜCかというとClubのCだとか。お盆のハワイ特典航空券Cマジハードル高いわ~、みたいな使い方します笑

 

award・・・これは簡単ですね。”特典”です。award stay/nightでポイント使用やキャンペーンでの無料宿泊、award flightでマイル利用の特典航空券でのフライトのことです。

 

exit seat・・・これも簡単ですね。非常口座席のことです。常にビジネスクラスのお方には関係ありませんが、基本はエコノミーの我々庶民は、せめて非常口座席を確保したいところ。チェックインカウンターでExit seat空いてますか、って聞いてみましょう。ただ日系以外では追加料金を取るところが一般的に。

 

targeted・・・これは何となくわかりますね。targeted campaignっていう使い方でよく出てきます。直訳すると”ターゲットにされた”、意訳すると”対象者限定”キャンペーンって感じかな 。

 

OTA・・・これはOnline Travel Agencyの略です。オンライン旅行代理店ね。有名なところをあげるとExpediaとかbooking.comとかね。

 

BRG・・・Best Rate Guaranteesの略。要はホテルの最低価格保証のこと。たいていの欧米系の大手チェーンは公式サイトで最低価格保証をしていて、OTAなどの方が安ければその値段に合わせてくれたり、ポイントくれたり、1泊無料になったり色々特典があります。以前まとめたから読んでね。

ホテルチェーン最低価格保証まとめ - Life is Travel

 

loyalty program・・・直訳すると”忠誠のプログラム”となって意味不明ですが、これはホテルやエアラインの会員制度のこと。後はチェックインの時に”Thank you for being a loyal gold member.”みたいなことを言われがちです笑。お得意様でいつもありがとうね、ってことね。

 

中級から上級

この辺からセレクトにだいぶ偏りがあります・・・とりあえず思いついたものを並べただけなのでご容赦を。

 

getaway・・・これはget+awayでできた単語で辞書的には”逃げる”って意味がまずでてきます。転じて日常生活から逃げる=”短期旅行”の意味に。

 

mileage run・・・日本で言う”修行” 上級会員を目指してマイルのために飛行機を乗ることを指します。

 

aisle seat・・・通路側の座席ね。事前に座席指定できなくて通路側がいい場合はチェックインカウンターでこの言葉を唱えましょう。窓側席はwindow seatで簡単。ちなみに3列席4列席の通路側でも窓側でもない真ん中の席はmiddle seatね。

 

redeem・・・英和辞典で検索すると”償還”て出てきますが、今いち日本語でも意味不明。マイルやポイントを使って無料宿泊や特典航空券をGETしたり、部屋をアップグレードしたりすることをredeemっていいます。強いて訳すなら”特典への交換”になるかな。

 

complementary・・・これも直訳すると”補足物”となり意味不明に。ホテルの部屋においてあるペットボトルの水に”complementary water”とか記載されてます。要は”無料”ってこと。厳密に訳すと部屋代金に含まれている(補足)、ってことなのかな?

f:id:LifeisTravel:20170109203926j:plain

 

eligible・・・”有効な”って意味。これは辞書のままです。よくホテルのキャンペーンとかで、キャンペーン対象のstayのことをeligible stayと表現します。

 

perk・・・特典  クレジットカードの特典(ラウンジ無料、ホテル1泊無料)、ホテルゴールド会員の特典(レイトチェックアウトとか)、などの場面で使用されます。

 

indulge・・・ホテルの広告などでindulge stayとかindulge spa、relux&indulgeなどの組み合わせで出てきます。indulgeの辞書的な意味は”甘やかす、放蕩する、~(快楽)にふける”など悪いニュアンスで出てきます。でもそれだと”快楽に耽る宿泊”と、何だかイヤらしい感じになっちゃいますね笑。これも高級ホテルの宿泊という文脈から”贅沢三昧の”とか”思う存分優雅な”みたいな感じですかね。余談ですが、日本人の旅行=全力で観光、欧米人の旅行=何もせずゆっくりダラダラ、みたいな旅行に対する意識の差が感じ取れる単語ですね。

ちなみに僕はindulgeな旅行が大好きです。

 

compensation・・・これは辞書通りの意味で”補償”です。ホテルで部屋に不具合があった場合、ネットが全く繋がらない、チェックイン時間過ぎてるのに部屋の用意がされてない、めちゃくちゃ失礼な対応をされた場合、こういう時に日本人なら(海外ならなおさら)黙って耐えて、せいぜい後でネットに悪い口コミ書くくらいですが、欧米人はきちんとマネージャーを呼んでクレームを言うことが多い模様。(もしくは後でホテルやカスタマーセンターに連絡して)
こういう時に彼らはcompensationということでホテル代を割り引いてもらったり、ポイントを貰ったりしています。クレーマーはだめですが、我々も納得できないことがあればきちんとcompensationを要求しましょう。

 

 

 

 

 以上です。どれくらいわかりました?

上級会員の特典だけでなく、せっかくなので英語も駆使して、最大限旅行をおトクにできたらいいですね。

 

おしまい。

 

関連記事

機内持ち込み荷物のスマートなまとめ方 - Life is Travel

機内食のフルーツプレートミールっていう選択肢はあり - Life is Travel

ヒルトンプレミアムクラブジャパンが改定される話 2017/10/1から - Life is Travel

アメックス 昭和シェル石油で2%キャッシュバック 3/31まで - Life is Travel

スポンサーリンク