読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の偏見で最強旅行ガイド本が決定【まっぷる?るるぶ?地球の歩き方?】

f:id:LifeisTravel:20170127125718j:plain

 

今日は旅行ガイド本の話です。

皆さん、初めての場所に行く時は旅行ガイド本買いますよね? 

え?情報はネットで全部集めるんじゃ、ガイド本にお金払うなんてw情弱乙!っていうインターネットエリートの方はそっ閉じして下さい。
ただ僕みたいな英語も覚束ないチキンハートにはガイド本がないと不安で海外行けませんわ。

 

で、本屋に行くとめちゃくちゃガイド本が並んでいますが、今回はどのガイド本が最強か、っていうのを完全に僕の偏見で選びたいと思います。

 

 

エントリー

さてエントリーは以下の6ブランド

 

地球の歩き方 (ダイヤモンド社)

まっぷる  (昭文社)

るるぶ   (JTBパブリッシング)

タビトモ  (JTBパブリッシング)

ことりっぷ (昭文社)

Aruco   (ダイヤモンド社)

 

なんでこの6つかって?家にあったからです。地球の歩き方は写真には写ってないけど

 

ブランドは6つですが出版社を見ると実はダイヤモンド社と旺文社とJTBパブリッシングの3つ。

なので実は同じ会社の本は中身は結構似通っているんですよね。

 

それぞれの特徴は・・・

ではそれぞれの本の特徴を見ていきましょう。

まずは

地球の歩き方

みなさんも1度くらい買ったことはあるはずです、老舗中の老舗のガイド本。細かい字でぎっしり情報載ってます。またマイナーな地域まで網羅。バックパッカーとかに向いてそう。反面写真とかは少なめ。

 

るるぶ・まっぷる

この2つはよく似てますね。サイズ大きくて、写真だらけ。料理の写真も大きく載っていて見ているだけで食べたくなってきます。卒業旅行してる大学生が持ってそう(偏見)、いや僕もつい最近買いましたけどね笑

欠点としては大きいのでかさばるのと重め

 

るるぶ・まっぷるのミニ版

最近出始めたミニ版。一部地域しかありません。かさばるし重いっていう不満を解消すべく生まれたのでしょう。中身は通常サイズと全く同じ。

 

ことりっぷ・Aruco

2つまとめちゃいましたが、出版社を見ると、ことりっぷ=まっぷる、Aruco=地球の歩き方なんですよね。じゃあ何で差別化しているかというと、どちらも20代後半30代独身女子の海外旅行、自分にご褒美でスイーツ&スパ(ハート)!!みたいな人向けな感じ(偏見)

表紙のデザインからしてそんな感じしません?

かといって中身スカスカかと思いきや、出版社自体が地球の歩き方やまっぷると同じなので必要な情報もきっちり載ってます。

るるぶやまっぷるに比べると中身は落ち着いた感じですが、ほどよく写真もありますし、本のサイズも小さくて軽いです。普通におすすめ。

 

タビトモ

これはるるぶの出版社が出しているガイド本で、ことりっぷ、Arucoほど女子に媚びてません。中身はことりっぷなどと同じ感じで、程よく写真もあってちょうどいいです。

 

 

最強のガイド本は・・・

グルメ情報量、出入国情報、タウン情報、読みやすさ、見やすさ、持ち運びやすさ、お土産情報などさまざまな観点から僕独自のアルゴリズムで点数つけた結果、最強のガイド本は・・・

 

タビトモ

 

です。

 

いや、タビトモの特徴紹介、一番手抜きやし、なぜこれが1位やねん!!って思ってる方、いると思います。まずは理由を聞いてくださいよ。JTBからお金受け取ってないですから。

 

タビトモが最強の理由

それは

 

1番小さいから

 

おしまい。

 

グルメ情報とかお土産情報とか出入国情報はどの本もきちんと載ってますからそんなに差異とか無いって。アルゴリズム?なにそれ?

 

だって、やっぱり旅行で一番大切なのって、小さくて軽くて持ち運びやすいことでしょ?

 

るるぶ、まっぷる(大判サイズ)は論外です。Aruco・ことりっぷはまあ小さめ。縦のサイズはほぼ同じ、ただ横幅がタビトモに比べ大きいんですよね。

 

この横幅のサイズが大事なんですよ。何故かと言うと、タビトモは本気出したら、ズボンのポケットに入るんですよ。(ジーンズは無理。ゆったりめのハーフパンツだといける)

後はジャケットの内ポケットとかパーカのポケットとかにもタビトモならなんとかギリギリ入るんですよ。

 

後は以前紹介したこれにも余裕で入るので、機内にスマートに持ち込んで読むのも問題なし。

lifeistravel.hatenablog.com

 

なぜポケットに入ることが大事なのか

 

この人ポケットポケットって突然どうしたんだろう?貧乏でカバンもってないのかなって思ってる方、もうすぐ終わるから最後まで話聞いてください。

 

僕はね、海外で街歩きする時は基本、カバン持たないんですよ、手ぶらスタイル

何故かと言うと、手ぶらだと旅行者っぽくないから。現地人っぽいじゃないですか。
仮に見た目で外国人だと思われても長期滞在しててこなれてそうに見えるじゃないですか。

 

そう見えると旅行者狙ったボッタクリとかスリとかひつこい客引きとかに合いにくくなると思うんですよね。

 

ところがですよ、実際僕は全くこなれてないので、ガイド本無しで外歩くのは超不安。

 

じゃあどうします?斜めがけのショルダーバックにガイド本入れて歩きますか?

ショルダーバック持って街歩きなんて旅行者丸出しじゃないですか、日本から来た右も左もわからない旅行初心者オーラー撒き散らすこと間違い無し。こんなのもう”僕は日本から来たお金持ちです、ターゲットにして下さい”っていう看板掲げて歩いているようなもの。

 

そうならないためにも、現金+クレカ+スマホ+ホテルのカードキー+ガイド本を全てポケットに収納して手ぶらスタイル、これ最強

 

したがってポケットに入るタビトモ最強

 

Q.E.D.

 

 

申告すべきCOIはありませんyo、ってかJTBパブリッシングさん、こんなに宣伝したんだからCOI関係になろうよ。

 

関連記事

マイラー&ホテル上級会員のための英語教室 - Life is Travel

機内持ち込み荷物のスマートなまとめ方 - Life is Travel

2016年10月ラスベガス旅行5高いバフェ安いバフェ食べ比べ - Life is Travel

旅行用モバイルパソコンを考える① 1.3kgは重すぎる - Life is Travel

スポンサーリンク