中華Goproまとめ② 上級~最上級編

さて前回はGopro的なウェアラブルカメラを買おうと思いましたが、5-6万円という高さにドン引き、ここは格安の中華Gopro(要はGoproのパクリ)に頼ることにしました。

lifeistravel.hatenablog.com

ちなみに2年前に3万くらいしたソニーのHDR-AS100Vを持っていて、ドバイやシンガポールなどの旅行で結構撮影してましたが、最近使わないので知り合いにあげちゃいました。

f:id:LifeisTravel:20160709022741j:plain

 

さて僕が調べて購入候補になった中華Goproと本家Goproをまとめると以下のとおりです。

中華Goproの情報は http://pevly.com/ が参考になりました、英語だけど。

 

■本家

Gopro HERO4 Black Edition・・・お値段5-6万 4k映像撮影可能 液晶モニター無し 手ぶれ補正なし

www.youtube.com

さすが本家。めちゃくちゃキレイし、4K30fpsまで撮影できます。ただ値段が6万円近くするのと、その値段にも関わらず液晶モニターも手ぶれ補正もありません。

 ちなみに4k15fpsまでの代わりにもう少し安くて、液晶モニターもついてるSilver Editionってのもありますが、それも5万円くらいします。

 

■最上級中華

Xiaomi Yi2・・・26,000円くらい 4k可 液晶モニターあり 手ぶれ補正あり

 

www.youtube.com

世界スマホシェア3位のXiaomiが満を持して発売したYi1の後継機種で4k撮影可能、液晶モニターもあるし手ぶれ補正もあるし、まさに全部入り。

手ぶれ補正も6軸補正。下で紹介するもっと安いモデルの手ぶれ補正は上下に2軸です。ダンチで違います。

それでお値段250USD、今年の6月末に発売したばかりのピカピカの新機種です。

ぶっちゃけ3万円出せるならこれ買っとけば間違いないと思います。


Youtubeなどのレビューでも本家Goproより綺麗とかいわれてますね。
ただ日本では買えないのでGearbestとかで個人輸入してください(まあこれは中華Gopro全般にいえることだけど)

http://www.gearbest.com/action-cameras/pp_360137.html

問題は付属品が少ないこと。防水ケースとかその他パーツは別売りです。

 

■上級中華

さて1万円前後で買えるのがこのラインです。ただこのレベルでも普通にソニーセンサー使ってる機種が多いですし、液晶モニターや手ぶれ補正は備えてます。チップセットも一流のを使ってたり。

あとこの辺より下位のメーカーは付属品をモリモリつけてくるのであとから追加でケースなどを買う必要がありません。

 

SJ5000X Elite・・・12000円 4k可 液晶モニターあり 手ぶれ補正あり

f:id:LifeisTravel:20160709030153p:plain

出展 http://sjcamhd.com/

そもそも中華Goproのブームとなったのがこの会社の前のモデルのSJ4000という機種なので、言うならばパクリの老舗。パクリの老舗としてブランドを確立しているため、さらにそのSJ4000の偽物が出回るという阿鼻叫喚な事態に。

このSJ5000X Eliteはその初代パクリの最新モデル。

12000円なのに4k 24fpsで撮影可能。それにソニーセンサー搭載しているので普通に綺麗です。

ただhttp://pevly.com/ によるとマイクがよくなくて音が全然入らないんだとか。

Gearbestの販売ページは↓

http://www.gearbest.com/action-cameras/pp_243426.html

 

GIT2・・・13000円 2k+(2880x2160  24fps)まで撮影可 液晶モニターあり 手ぶれ補正あり

f:id:LifeisTravel:20160709032320p:plain

出展 http://www.gitup.com/en/

 

突如現れた新興ブランドGitupの2代目モデルです。1代目もわりかし評価良かったみたい。

基本的にはSJ5000X Eliteとよく似たスペックでソニーセンサー搭載、液晶モニターも電子手ぶれ補正も搭載。

ただ4kは撮影できませんが2kまでは撮影できます、まあぶっちゃけ素人が撮る分にはfull HDで十分でしょうよ。

あとhttp://pevly.com/ によるとマイクの性能がまあまあ良いのと、外部マイク接続できるのがさらにプラスポイント。手ぶれ補正もSJ5000より優秀みたい。

唯一の惜しむらくはmini USB端子だということ。micro USBが全盛期のこの時代になぜminiなのよ。ほんと惜しい。

 

EKEN H8R・・・9000円 4k30fps() ソニーセンサー(どうやら嘘)液晶モニターあり 手ぶれ補正なし

f:id:LifeisTravel:20160709034447p:plain

さーて、この辺から怪しくなってきました。

4k撮影できるのにまさかの1万円切り。すげー、ってなるのですが、ちょっと待って下さい。

まず4k30fpsで撮影できるとうたってますが、実際は10fpsで撮影したものをコマ数を割増して30fpsにしている模様。10fpsなんて実用的ではありませんので実質最高解像度は2.7kまで

また、ソニーのカメラセンサー使っているとアナウンスしていますがhttp://pevly.com/ によるとこれも嘘らしい。いや、企業が公式ページで嘘つくってどういうことよ。

 

動画の品質も微妙だし、手ぶれ補正もないし、それに9000円出すならもうちょっと良いの買うか、さらに安いの買うわ、っていう中途半端なモデル。

 

 

 

次回廉価版中華に続く

中華Goproまとめ① Gopro買えない人のために - Life is Travel

スポンサーリンク